武蔵小山の生活 -Musako's Life!-

暮らしに関するあらゆるノウハウを自らの体験をもとに紹介するブログです。

武蔵小山の生活環境

武蔵小山の目黒方面への朝の通勤ラッシュについて。

東京の通勤ラッシュはとても過酷です。人口が多いので通勤時間に人が集中してしまうとひどいことになってしまいます。
 
 
 
 
これから引越しを考えている社会人の方は、住む地域を選ぶにあたっては通っている路線の朝の通勤ラッシュがどれほどのものか、事前にチェックしておくことをおすすめします。
 
毎日の通勤に関わることなので、通勤ラッシュが酷すぎるところに住んでしまうと、それのせいで会社に行くのが嫌になってしまうこともあるかと思います。
 
 
ここでは、武蔵小山駅に実際に住んでいて日本橋方面に通勤をしている経験をもとに、武蔵小山の通勤ラッシュについてどれほどのものなのかをご紹介します。
 
 
 
 
 


武蔵小山の通勤ラッシュ。

 
 
武蔵小山は東急目黒線が通っていて、目黒線内の急行電車が停車する駅になっています。
 
 
目黒方面に向かう電車では、目黒駅で東京メトロと都営地下鉄に連絡をしていて、南北線と三田線に乗り入れています。
 
武蔵小山駅では、時間によって南北線につながっている電車と三田線につながっている電車が発着していますので、行き先によって乗り分けることができます。通勤の時間でも、ほぼほぼ交互に南北線と三田線が発着しています。(たまに三田線が二本連続でくる時間帯もあります)
 
 
 
 
 
 


時間ごとの混雑状況は?

通勤時間ごとの混雑状況についてご紹介します。
 

7時台

まず、7時台の混雑状況です。
 
7時台の前半、7時30分ごろまでであれば、やや混雑といった印象でそこまで混んでいる印象はないです。座れるまでは空いていませんが、難なく乗り降りできる、といった混雑状況です。
 
 
7時台の後半になると、徐々に混雑が激しくなってきます。車内に人が詰まった状態になっていて、入り口付近に人が多く乗り降りがしにくくなってくるような状態になります。
 
 
 
 

8時台

8時台の前半が一番混雑がひどい時間帯です。電車によっては、ホームに並んでいる人が全て乗りきれなかったり、駅員さんが無理やり押し込んで人を乗せている時もあります。入り口付近の人のカバンなどの荷物が挟まってしまってドアが閉まらず、何度もドアが開閉している様子も見受けられます。
 
 
私もこの時間の電車に乗ることがしばしばありますが、目黒駅に着くまでは車内で身動きを取るのが辛いほどに混雑しています。雨の日は傘があるので不快ですし、真夏は汗をかいている人に密着しなければならないこともあるのでけっこうしんどいと思います。
 
 
8時代の後半になってくると、前半の時間に比べると人は減ってきます。ただし、出入り口付近は混雑をしていて、乗り降りが困難なこともあります。
 
 
 
 

9時台

9時台をすぎると、通勤ラッシュのピークは過ぎて難なく乗り降りができるようになります。
 
 
 
 
 

ピークは目黒駅まで。

上記の通り、8時台の電車は通勤ラッシュの混雑がひどいと記載しましたが、ドアが閉まらないほどのすし詰め状態の混雑は目黒駅までです。目黒駅で多くの人が降りますので、押し込まれて苦しい思いをするのは目黒までです。
 
 
また、武蔵小山は普通電車と急行電車がどちらも止まる駅です。この2種類の電車では、急行電車の方がより混雑しています。普通電車は目黒駅に着くまでに不動前で一度停車しますが、不動前で乗り降りする人はあまり多くはなく、目黒駅までは混雑が続きます。
 
 
 
 
 

南北線と三田線の混雑の違いは?

南北線と三田線では、混雑の状況に大きな違いはありません。上で紹介した乗車する時間帯が大きく関わっていると思います。また、普通電車か?急行電車か?というところも混雑に関わってきます。
 
南北線と三田線ともに、目黒駅までは超混雑という状態がありますが、そのあとの駅でも徐々に人が降りていきます。
 
 

南北線

南北線の場合には、目黒の次に「白金高輪駅」で多くの人が降ります。そして、そのあとは「溜池山王駅」で人が降ります。溜池山王の方が乗り降りが多く、溜池山王で人が降りた後には、ほとんどのケースで座ることができます。
 
 

三田線

三田線の場合は、目黒の次には「三田駅」で多くの人が降りていきます。そして、そのあとはポツポツと乗り降りがあり、「大手町駅」でも多くの人が降ります。
 
 
武蔵小山は社会人や家族連れにも人気の高い駅なので、通勤の時間のピーク時には通勤ラッシュがつらいときもあります。でも、少し時間をすらせば混雑は緩和されますので、通勤ラッシュのために住むことを諦めるほどの混雑ではないです。
 
 
武蔵小山を住む街の候補として考えているのであれば、是非参考にしてくださいね。
 

-武蔵小山の生活環境