武蔵小山の生活 -Musako's Life!-

暮らしに関するあらゆるノウハウを自らの体験をもとに紹介するブログです。

貯金

一人暮らしアラサー女性が毎月9万円貯金している方法。

趣味にかけるお金や美容代、洋服代、など女性は出費が多いですよね。
 
でも、アラサーともなれば結婚や出産を意識するようになると思いますし、将来のことを考えると毎月少しずつでも貯金をしておきたいところだと思います。
 
 
 
 
 
とはいえ、一人暮らしをしていると家賃や光熱費、食費など、毎月の出費は大きくなりますので、なかなか貯金が出来ない、お金がない、というのが悩ましいところだと思います。
 
特に東京で一人暮らしをする場合には、家賃の相場が高くなる傾向にありますので、貯金に回すお金は少なくなってしまいがちです。
 
 
私は、東京で暮らしていて毎月約8万円の家賃を負担していますが、その中でも工夫をしながら毎月9万円の貯金をしています。ここでは、実際に私が貯金をするためにどのような工夫をしているのかについて、ご紹介できればと思います。
 
 
 
 
 
 


①まずは貯金の計画を立てる。

 
 
まず、貯金をするにあたって大切なことは、貯金の計画をたてることです。
 
 
今がアラサーであれば、いつまでにいくらの金額が必要なのか?という目標額を決め、そのためには毎月いくら貯金するべきなのか?という貯金額を計算します。
 
いくら貯金が必要なのかという金額は、現在の年齢や今後の将来設計によっても大きく変わってきますが、女性で結婚や出産を意識して貯金を考えるのであれば、私の経験から考えると200~300万円はあったほうが安心だと思います。(結婚相手の男性や両家の両親の考え方によっても異なりますが)
 
 
そしてその目標金額に対して、いまの自分の収入と普段の出費を整理してどこまでであれば貯金に回すことができるのかを計算することが大切です。
 
 
 

少しずつから始める。

貯金を始めるときには、いきなり無理な金額を毎月貯金するのではなく、まずは少しずつ無理のない金額から初めて、徐々に金額を上げていくこともひとつの作戦だと思います。
 
私は年間100万円以上は貯金していきたいと考えていましたが、はじめは毎月6万円の貯金から始めました。そして貯金に慣れてくると徐々に毎月の貯金額を増やし行き、毎月9万円の貯金をするようになっています。
 
 
貯金額を増やしていくためのやり方については、貯金をするために収入を増やすということと支出を減らすという2つの観点での考え方があります。
 
9万円の貯金をしていくためには、単に節約をして使う分を減らすだけでは厳しくなってきます。節約も大切ですが、収入を増やすという部分についても考えるようになりました(後ほどご紹介します)。
 
 
 
 
 
 


②貯金は給与から別口座へ。

毎月の貯金目標額を決めると次にすることは、「貯金用の口座を作ること」これが重要です。
 
 
貯金用の口座を別で管理できていないと、普段の生活用に使っているお金と混同してしまい、貯金用のお金も使ってしまいがちになります。
 
貯金用のお金は別の口座で管理して、使わないように心がけることが大切です。
 
 
そして別口座として用意した貯金用の口座に、給与から自動で一定の金額を振り込むように設定をしておくことをおすすめします。私はこの方法で貯金をしています。
 
 
給与からあらかじめ一定の金額が貯金用の口座に振り込まれますので、残ったお金で生活をしていく工夫を考えることができるようになります。
 
 
 

ネット銀行がおすすめ。

別口座としておすすめなのは、楽天銀行などのネット銀行です。口座の開設の手間があまりかからないので、おすすめです。
 
 
 
 
 
 
 

③毎月の固定費を見直す。

 
 
毎月の貯金額を決めると、手取りから貯金額を差し引いた残りの金額で生活費をやりくりしていく必要があります。
 
 
ここではできる限り支出を減らすための節約の工夫が必要となりますが、まずは毎月かかっている固定費から見直すと効率的な節約ができます。
 
 
固定費については、家賃、光熱費、携帯代、美容院代などがあるかと思います。毎月ほとんど変わらず一定の金額で使っているお金ですが、何かしら工夫をすることで節約ができることがあります。
 
 
例えば携帯代が高額になっているのであれば、格安のスマートフォンに切り替えるとか、美容院代が高いのであれば通う頻度を減らすとか美容院を変えるなどの選択肢もあると思います。
 
まずは固定費を見直していくことで、長い目で見れば貯金に回すことができる金額が多くなります。
 
 
 
 
 
 

④外食を控える。

また、出費の中でも食費は一人暮らしであれば必ずかかってくるものだと思いますが、食費を抑える工夫をすることで毎月の出費を減らすことができます。
 
 
食費を節約することを考えた時に、まず外食が多い人は外食の回数を減らすことを心がけることが大切です。外食はどうしても一回の食事あたりの費用が高くなってしまいがちです。
 
 
自宅で自炊することで食費を節約することができます。
 
食費については、毎月どれだけの金額を食費として使うことができるのかをあらかじめ計画の時に考えておき、その範囲内で生活ができるように考えていくことが重要です。
 
 
 
 
 
 

⑤いらないものを処分する(売る)。

ここまで固定費や食費などの生活費の節約について記載しましたが、貯蓄額を増やしていくことを考えた時には節約だけではどうしても厳しくなってくることが考えられます。
 
 
出費を減らすだけでは難しい場合には、収入を増やすことも考えていくことが必要です。
 
 
まず、簡単にすぐに収入を得られる方法としては、家の中にあるいらないものを処分する方法があります。家にある無駄なものが減って家の中がスッキリしますので、断捨離と合わせてできることとしておすすめです。
 
 
 
 

フリマアプリを活用。

いらないものを処分する際に、最近はいろんなネットのオークション、フリマアプリなどが充実していますので、捨てるのではなく販売してお金を得ることができます。
 
フリマアプリでは洋服や小物、化粧品などの使わなくなったものを販売することができます。私はこのフリマアプリで使わなくなったものを大量に販売でき、その結果、貯蓄にも回すことができたので、これはとてもおすすめです。
 
 
 
 

本の買取サービス。

また、家にいらない本がある場合には、本の買取サービスを利用することもおすすめします。
 
この本の買取サービスは、申し込み→本の引き取り日を指定→本をダンボールにつめて回収業者に渡すだけ、というとても簡単な手順で本の販売ができます。家まで本を回収に来てくれるので、とても楽です。
 
その後、本の査定が完了すれば買取の金額が指定した口座に振り込まれる仕組みです。
 
 
いらない本がたくさんあるけど、どうやって処分しようか迷っている場合にはおすすめのサービスです。廃品回収で捨ててしまうのではもったいないので、少しでもお金になる方法を考えるようにしています。
 
 
 
 
 

⑦一部は投資する。

貯蓄を進めていく中でやっておいた方が良いこととして、貯蓄の一部は投資する、ということがあります。
 
私は貯蓄の一部をネット証券を使って投資しています。
 
 
ただ現金として保有しているだけではなく、投資に回すことで利益を得ることができることもあるので、一部は投資をしておくことは将来のことを考えても有効だと思います。
 
銀行口座においておくのではなく、投資しておくことで「ついつい貯金を崩して使ってしまう」ということも防ぐことができます。
 
 
 
 
 
 

⑧クレジットカードを見直す。

貯金を考える上で私がしたことに、クレジットカードを見直す、ということがあります。
 
 
クレジットカードの見直しとしては、①使っていないカードを解約するということと、②ポイントのたまりやすいカードに切り替える、ということを行いました。
 
 
 

1,使っていないカードを解約

クレジットカードは数を多く持っていると、どのカードでいくら使ったのか、合計の金額が把握しにくくなってしまい、ついつい使いすぎてしまうことがあります。
 
まずはできるだけ少数のカードに絞って、使わないカードは解約してしまいました。
 
 
 

2,ポイントのたまりやすいカードに切り替える

そして、クレジットカードの利用額に応じてたまるポイントのサービスを見直しました。
 
 
私がそれまで使っていたクレジットカードのポイントですがポイント率が0.1%と非常に低いポイント率のカードを使ってしまっていました。なかなかポイントがたまりづらいなとは感じていたのですが、特にクレジットカードを見直すということはしていなくて、そのまま利用していました。
 
クレジットカードごとのポイントを調べていると、0.1%のポイント率(1000円の買い物で1ポイント)はとてもポイント率が低いのだとわかりました。そして、ポイント率が1%(100円の買い物で1ポイント)のカードへの切り替えを行いました。
 
 
ちなみに、現在私が主に使っているカードは楽天カードです。楽天カードはカードの作成が早くできるということと、ポイントのたまりやすさが魅力のカードです。他のカードと比べると、本当にすぐにポイントがたまっていきます。
 
また、楽天市場で買い物をするとポイントが数倍になるためとてもお得です、ネットで買い物をする際には楽天を使うようにしています。ポイントやカードの利用明細はアプリを使って確認できるのも使いやすいです。
 



 
たまったポイントを使って楽天市場で日用品の買い物をすることで、ポイントで買い物もできますし、買い物をすることでポイントがさらにたまっていくということで、家計に優しいカードだと思います。
 
 
 
 
 
 

まとめ。

ここまで、私が毎月9万円の貯金を実現するためにしている工夫をご紹介しました。
 
毎月貯金にあてることができる金額は収入の額によってもかわってくると思いますが、少しずつでも貯金をするために意識を変えていくことでお金はたまっていくと思います。
 

-貯金