武蔵小山の生活 -Musako's Life!-

暮らしに関するあらゆるノウハウを自らの体験をもとに紹介するブログです。

貯金

20代女性が貯金をするためのコツとNG行動!

2018/11/11

私は今29歳(女性)でもうすぐ30歳になろうとしています。いわゆるアラサーという年齢にさしかかっています。
 
 
昨年2017年に29歳の時に結婚式をあげ、現在妊娠中です。仕事は会社員で営業をしています。
 
 
 
もうすぐ30歳になろうとしているところで思うことは「20代のうちにコツコツと貯金をしておいて良かった」ということです。
 
私はこれまで毎月9万円ずつの貯金を積み上げてきました。
 
 
 
結婚式でまとまったお金がかかりましたし、これから出産を控えているのでお金がかかってくると思っています。出産や育児のために産休・育休を取得するので会社からの給与も減りますし、子供を育てていくためのお金がかかってきます。
 
 
ここでは、私が20代のうちに貯金をするために工夫をしていた「貯金をするためのコツ」とNG行動について記載します。
 
 
 
 
 
 


貯金額の目標と計画を立てる。

 
 
 
まず、貯金をするために重要なことは目標と計画を明確にするということです。
 
 

何歳までにいくら必要?

何歳までにいくら必要なのか?ということを考え、その金額を貯金するためには毎月いくらの積立が必要かということを考えましょう。
 
 
私は30歳までに800万円、できれば1000万円の貯金がしたかったので、23歳から貯金を始めて毎月9万円ずつ貯めています。
 
 
この「必要だと考える金額」はひとそれぞれで、結婚を考えている年齢や子供は何人欲しいのか?ということによって変わってきます。
 
私の感覚ですが、20代後半で結婚式を挙げたいのであれば、最低でも200万円の貯金は必要かと思います。その後の生活のことも考えるともっとあった方がいいと思います。
 
 
 
私は普段から節約や我慢が嫌いなので、もし働けなくなったとしてもしばらくは我慢もせずに生きていけそうな金額として、800万円を目標にしました。
 
 
 
 

計画性のない貯金は貯まらない。

また、計画性のない貯金は絶対に成功しないです。
 
 
毎月、給与から使った金額を引いた残りの分を貯金する、というようなやり方です。
 
お金はあればその分使ってしまいがちなので、毎月いくら貯めるのかということを決めて計画的に貯金をして行く必要があります。
 
 
ボーナスがあるのであれば、毎月の給与と合わせてボーナスから貯金に充てられる金額を考えておくことも大切です。
 
 
 
 
 
 


節約と収入増を考える。

 
 
 
毎月の貯金に必要な金額が明確になったときに問題になってくることとして「今の生活のままでは貯まらない」ということがあるのではないかと思います。
 
 
毎月お金が余っているのであれば、勝手に貯金は増えていきますが、そうはなっていないのが現実です。
 
 
 
まずは、毎月の支出の金額を整理して、無駄遣いだと思われるところや、削ることができるところを洗い出して行く必要があります。
 
この時に、削る対象として有効なのは「固定費」です。家賃、光熱費、携帯代、美容代、など毎月決まって出て行くお金を以下に抑えられそうかということを考えることが有効になります。
 
 
 
ただ、限界まで削ったとしても目標の金額に達しない場合には、節約だけではなく収入を増やすことも考える必要があります。詳しくは後ほど記載します。
 
 
 
 
 

毎月、固定の金額を貯金口座に。

毎月の支出を見直し、貯金できる金額が見えたら、その金額は自動的に別口座に振り込まれるようにしておくことをおすすめします。
 
 
貯金用の口座は別管理にする、貯金用の口座からはお金は引き出さない、これを徹底するとお金は勝手に溜まっていきます。
 
 
私は給与の振込先を2つの口座に分けていて、貯金用の口座に毎月決まった額を振り込んでもらうようにしています。
 
 
 
 
 

NG行動は無理な節約。

貯金を続けて行く上でのNG行動は、無理な節約です。
 
 
毎月の給与から貯金できる金額を別口座に入れた時、残りの使えるお金が少なすぎると生活が成り立たなくなったり、節約でストレスが溜まってしまって貯金が続きません。
 
 
無理な節約を続けるのは絶対にNGです。
 
 
まずは無理のない金額から毎月定額を貯金していくことを考えましょう。
 
食べたいお菓子を100円分我慢するとか、そんなことをストレスに感じるような小さな節約はやめましょう。
 
 
無理に節約を続けることなく、毎月の貯金額を増やして行くためには、毎月の収入を増やすということも検討することをおすすめします。
 
 
 
 
 
 

節約するのではなく、収入を増やす方法を考える。

 
 
 
私は、毎月の給与を考えると、毎月9万円の貯金という金額を節約だけで実現するのは無理だと思ったので、収入を増やす方法も考えました。
 
 
副収入については、会社の方針などもあると思うので、就業規則に違反していないかどうかは個人で確認してください。
 
 
 
 
私が実際に実践した収入増の方法は下記の通りです。
 
 

①フリマアプリの活用

まず、フリマアプリを活用して家にある使わないものを処分して、売却した分の利益を貯金に回しました。
 
フリマアプリは多くの人が利用していますので、思いのほか出品した商品が売れました。
 
でも、貯金に回せたお金は一時的なもので、毎月決まった額を生み出すのは難しいと感じました。
 
 
 
 

②ポイントサイトで収入を得る

また、ポイントサイトに登録してポイントを得ることにより収入を増やすことも実践しました。
 
 
ポイントサイトとは、下記のようなサイトのことで、アンケートに答えたり、記事を作成したり、文字入力をすることでポイントを得るとができます。
 
 
 
どんなサイトか確認してみたい場合には、下記から確認してみてください。
 
↓この画像をクリック
 

 
 
クレジットカードを作成することでポイントを獲得する、といったこともできます。
 
 
獲得したポイントは現金化することが可能なところもあります。
 
 
 
私はこのポイントサイトでも少しのお小遣い稼ぎはできたのですが、お小遣い稼ぎで終わってしまい、これも継続して収入を得ることはできませんでした。
 
毎日コツコツと作業を続ける必要があり、作業をしないと収入が入ってこないので、なかなか続けることができませんでした。
 
 
 
 
 

③ブログを作成して収入を得る

そして、もうひとつ行ったこととしてブログを作成して収入を得るということです。
 
 
ブログで収入を得るためのネットビジネスに対する考え方は、下記のセミナーで詳しく紹介されていますので、このセミナーがわかりやすいかと思います。
 
 
通常はこの手のセミナーは有償で提供されているのですが、このサイトでは多くのセミナーが無償で提供されています。ブログで継続的に収入を得るために必要な考え方を学ぶことができますので、とてもおすすめです。
 
 
 
 

▼以下の画像をクリック▼

 
 
 
「起業家セミナー」という名前になっていて、経営者向けの内容に思われそうですが、まずは副業としてお金を稼いでいきたいと考えている人にとっても非常にためになる内容です。
 
 
 
貯金の金額を増やしたいと思ったら、会社でもらえる給与に頼っているだけではどうしても限界があります。
 
 
自分がネットを使ってブログで収益を得ることができるのか?ということについては、無償で受けられる「起業家診断」というテストで判定することができるので、これを受けてみるだけでも面白いと思います。(この診断も本来は有償の価値があるものです)
 
 
 
 

④投資で資金を増やす

貯金を続けていって、ある程度の貯金額が貯まってきたら一部の資金については投資に回すということも貯金を増やす上では有効な手段です。
 
 
ただ、投資は初心者が勘に頼って行っても上手くいくものではないので、事前に知識をつけておくことが大切です。
 
上記で紹介したセミナーでは投資に対する考え方も学ぶことができます。
 
 
預金として銀行に預けているだけでは利子はほとんどつかないので、ただ貯めておくだけではなく投資をするということも考えてみることをおすすめします。
 
 

-貯金