武蔵小山の生活 -Musako's Life!-

暮らしに関するあらゆるノウハウを自らの体験をもとに紹介するブログです。

貯金

貯金100万円は意味がない?上手なお金の使い方について。

2018/11/11

「貯金がない…」や「お金がたまらなくて不安…」ということに悩んでいる人も多いのではないかと思います。
 
 
でも、貯金をする必要があると思った時には、まず何のために貯金をするのか?ということをしっかりと考える必要があります。


世の中ではよく20代、30代の平均貯蓄金額というのが発表されていますが、その年代と自分と比べて、ただ「貯金がない」ということを不安に思う必要はありません。
 
 
 
貯金がない場合には、なぜ貯金をする必要があるのか?ということから考えることが大切です。もし貯金をしてもその目的が明確になっていない場合には、100万円貯めたとしても意味がないこともあります。
 
 
 
ここでは、貯金をする際にまず考えるべき貯金の目的と目標について記載します。また、貯金をするにあたって上手なお金の使い方についてもご紹介します。
 
 
 
 
 
 


貯金の目的は?目標金額は?

 
 
 
貯金を考えるにあたってはまず、なぜ貯金が必要なのか?ということを考える必要があります。
 
 
家や車など何か大きな買い物をしたい、ということや、結婚を考えているからまとまったお金が必要、という考え方もありますし、何かあって働けなくなった時のための備えとしての貯金という考え方もあります。
 
 
また、老後は年金がもらえるかどうかわからないので、老後のために貯金をしなければという考え方もあります。
 
 
 
私は、23歳の時に20代のうちに800万円(できれば1000万円)は貯めたいと考え、そのために毎月9万円の貯金を積み立て続けています。
 
 
この時の貯金の目的は、何かあって働けなくなった時のために我慢をしなくてもしばらくは生きていけそうな金額であり、老後の備えとしても使えそうな金額として目的を設定しました。
 
また、30歳の前後では結婚を考えていたので独身の間にできる限りの貯金を積み立てておきたいと思い、20代のうちにという目標を設定しました。
 
 
 
 
 


目的が決まると目標金額が明確に。

 
 
 
貯金をするにあたっては、まずは何のために貯金をするのかを明確にすることで、目標金額や目標の時期が明確になります。
 
 
貯金の目的が明確になると、いつまでにいくら必要なのかが明確になりますので、毎月どれだけ貯金を積み立てていけば良いのかが見えてきます。
 
 
貯金を考えたときにまずこの目的や目標金額が明確になっていないと、ダラダラと貯金を続けることになり続きません。
 
貯金は毎月いくら貯めるということを決めて取り組まないと、給与から使った分を差し引いて、あまり分を貯めていくというような考えではうまくいかないことの方が多いです。
 
 
 
 
 

お金はあった方が安心。

特に理由はないけどお金はあった方が安心、という考え方もあります。私の貯金の目標設定はこちらの考え方に近いです。
 
 
もちろん、急にまとまったお金が必要になった時のためにも、急に病気になって働けなくなった時のためにもお金はあるに越したことはないです。もしもの時のことを考え貯金をするというのも立派な目的になります。
 
 
この場合にも、何歳までにいくら貯めるという目標を明確にした上で貯金を始めるようにすると良いです。
 
 
老後や子供が産まれた時のことを考えて、将来のためにお金を貯めておくというのはとても重要です。
 
 
 
 
ただ、この場合には貯金が目標となっていますので、ただ貯めるだけでは、たとえ100万円貯まったとしてもそこからお金は増えないです。
 
将来のことを考えて貯金をするのであれば、合わせて投資という上手なお金の使い方を学んでおく必要があります。
 
 
 
 
 

投資の必要性。

 
 
 
たとえば、老後のためにコツコツと100万円を貯めたとしても、それを銀行の預金口座にずっと置いたままにしておいては、その100万円が増えることはないです。
 
 
増えないどころか、時間が経つについれて貨幣価値が下がった場合には100万円の貯金の価値が下がってしまうこともあります。
 
昔の100円の価値と今の100円の価値が違うのは周知の事実だと思います。
 
 
 
将来のことを考えて貯金をするのであれば、ただ貯めるのではなく貯めたお金を次は投資に回すということも考えておくことをおすすめします。
 
 
投資にはリスクが伴いますので、貯めたお金のうち全てを投資するのではなく、そのうちの何割を投資に回すのかということも戦略として考える必要があります。
 
ただ、投資についてはきちんとした知識を持って行えばただ銀行預金に預け入れておくだけよりも効率的にお金を増やすことができます。
 
 
 
私は毎月9万円ずつの貯金を積み立てていますが、ただ銀行預金に預けているだけではなく一部は投資に回しています。
 
 
 
 
 
 

投資に対する考え方。

そして、投資をするにあたってはまず投資に対する正しい知識は必須となります。
 
 
投資はなんとなくで始めても周りに流されてしまったり、自分の判断基準が明確にならなかったりと上手くいかないことが多いです。
 
貯めたお金を効率よく増やすためにも、投資に対する知識を身につけておくことは大切です。
 
 
投資に対する知識は、本屋に行けば数多くの本が出ていますので、まずは本を読んで勉強することが良いかと思います。
 
 
 
また、投資の対象として仮想通貨という手段もありますが、仮想通貨の投資に関して学びたいのであればこちらのセミナーがおすすめです。本で学ぶのも良いですが、セミナーを見ることも動画で学ぶことができるので、わかりやすく効率的に情報が入ってきます。
 
お小遣い稼ぎとしても良いのではないかと思います。
 
 
 

▼以下の画像をクリック▼

 
 
 
 
仮想通貨のような新しい投資対象に関してはセミナーの方が新しい情報が入ってくることもあります。
 
 
仮想通貨はリスクがありますので投資対象として選択するのかどうかも含めて判断する必要がありますが、上手く投資をすれば可能性がある領域でもあるかと思います。
 
 
 
ただし、仮想通貨に投資をする場合にはリスクが高い商品なので事前に正しい知識が必要です。
 
このセミナーでは仮想通貨について、イチから基本的なことを説明されていますのでとてもわかりやすいかと思います。通常であれば有償で提供されているような内容が無償で提供されていますので、とてもおすすめです。
 
 
 
貯金をしてそのお金を増やしていくためには、正しい知識を身につけ、上手なお金の使い方ができるようにしていくことを心掛けることが大切です。
 

-貯金